読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あたりまえ」の日常

双極性障害Ⅱ型とうまく付き合いつつ、その病気に関連したことや考え方、色々な自分の興味のあることについてつらつらと綴っています。

病室写真家の写真展訪問記

写真 お出かけ

どうも、nimoです。

 

今日はとある写真展に行ってきました。

 

きっかけは、よく聴いているラジオ。

たまたま、こういう写真展がやっるよ~と流れていて、

写真を趣味にしているし、病気での悩みの解決のヒント何か得られればってことで、

「行ってみよう!」となりました。

 

 

行ってきたのがこちらの写真展。

病室写真家 TAKA 展

多発性骨髄腫(血液のガン)

~傾斜45度高さ1mからの世界~

f:id:nimolog:20170421211727j:plain

 

 

「病室写真家ってなんだ?」って話から始めないとですかね~^^;

 

 

病院写真家とは

 

このTAKAさん、昨年に血液のがん「多発性骨髄腫」を患い、入院。

最初は絶対安静でベッドから動けない状態だったそう。

(そんな状態から、リハビリなどに励み退院。

退院した現在も、自宅療養で抗がん剤治療をしているそう。)

 

 

その入院して少し経ったある日の早朝、目覚めると窓越しに見た朝焼けに感動し、病室に持ちこんだカメラでシャッターを夢中で切ったTAKAさん。

 

写真展にいらしていたTAKAさんは、そのときの様子をこう語っていました。

「朝の空は刻一刻と色を変え様々な表情を見せてくれるんです。自然ってなんて美しいんだ!となったんですね。それから朝早起きして朝焼けを撮影したり、夕焼けや夜景も撮影しました。ある程度動けるようになってからは、病院内の写真も色々と撮るようになりました。」

 

f:id:nimolog:20170421214757j:plain

お話を伺ったTAKAさん

(元気そうですが、首にはコルセット。骨もまだボロボロだそうです。全くそうは見えなかった^^;)

 

 

病院の朝は早かったりするので、環境や生活リズムも変わったりして、

普段は意識していなかった「あたりまえ」のことに目を向けるようになったんだと思います。

 

そういう経緯で、病院写真家と名乗ることを決めたそう。

 

 

 

写真展の様子

 

 

f:id:nimolog:20170421214723j:plain

 

 

f:id:nimolog:20170421214728j:plain

 

写真も素敵なものばかりでした。

以下の6枚は、右から辿ると病院の1日の様子になっているそう。

知り合いの看護師さんの働く姿が少し想像できました(笑)

 

上の真ん中の写真は、リハビリ室での様子。

下の真ん中の写真は、同じ部屋の人のオムツを変えているのが窓に写った様子。

 

 

 

f:id:nimolog:20170421221748j:plain

 

この写真は、渾身の1枚っておっしゃってましたね。

絶対安静って看護師さんに言われてたのに、こっそり動いたそう。

「見つかったら怒られる」って(笑)

まさに渾身の1枚(笑)

 

 

 

 

f:id:nimolog:20170421215805j:plain

f:id:nimolog:20170421215821j:plain

サブタイトルの

~傾斜45度高さ1mからの世界~

とは、

傾斜45度:病室のベッドからの視点

高さ1m:車いすからからの視点(動けるようになってからもしばらくは車いす生活)

ということだそうです。

写真展の演出として、病室のベッド、車いすの展示もしていました。

(上の写真みたいな感じで。)

 

 

 

f:id:nimolog:20170421215928j:plain

 

せっかくなので、車いすに座って1mからの世界を1枚撮影^^

TAKAさん、ちょっとはみでちゃったけど^^;

この視線で固定なので、撮れる写真も普段とは色々変わってきそうでした。

 

 

 

 

病気との付き合い方

 

病院写真家になった経緯の他にも、病気との付き合い方についても聞きました。

「勿論、辛いこと、痛いこともいっぱいある。けど、それで落ち込んでたって仕方ない。病気とうまくつき合いつつ、色々と楽しめることを見つける。」

 

そう話す様子はほんと楽しそうでした。

そして、次々に来るお知り合いの方々。

「そういう人たちの励ましも、大きな力になった」とおっしゃっていました。

 

「ときには、病室でモデル撮影を始めたりなんてしてました(笑)」なんてのを聴くと、

たとえ病気であったとしても、その気になってやろうと思えば、何でもできるのだな~と感じました。

 

 

 

f:id:nimolog:20170421221557j:plain

 

 

写真展にも、病院でのお見舞いの写真も貼っていましたが、

どれもほんとに楽しそうでした^^

 

 

 

最後に

写真展のお話は以上になります。

とても有意義な時間を過ごせ、元気をもらえた気がします^^

行って正解でした。

 

TAKAさんには、今後も元気に頑張って欲しいですね!

自分も負けてやれない^^

いつか個展やってみたいな~(てか、いつかやります!)

 

 

 

TAKAさんのお話は、Yahoo!ニュースでも取り上げられていたそうなので、

よかったら見てみてください(以下のリンクより)。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

TAKAさんのブログはこちらから。

 

ameblo.jp

 

 

写真展の詳細はこちらから(facebookページ)。

(~4/23までやっているそう。場所は通天閣の近くです。)

 

 

 

 

ではでは~。

(写真展のついでに新しいカレー屋発掘できたのも、今日の収穫(笑))

 

 

 

 

ブログの継続のその先へ

考え方 ブログ

どうも、nimoです。

 

昨日は、ブログを始めたきっかけや、書く目的について改めて考えたりしていました。

 

ブログの継続のその先へ

以前も陥っていた、書くこと自体が目的になってはしやいないか?

でも、まずはブログを継続して書くことを習慣にしたいから、内容はともかく続ければいいのではないか?

ブログで何を?誰に?どうやって?伝えたいのか。

続けていくうちにその答えが見つかるのか?、それともまずはその辺をクリアにした方がいいのか?

 

 

ブログを始めた当初は更新がなかなか続かなかったので、

ハードルを下げるためにこんな目標を立てました。

 

 

 

 この方針のおかげで、徐々にブログを書くということが継続できてきています。

(3月は14記事、4月は13記事)。

そろそろ次のステップに進むときなのかもしれません。

 

 

届けたい人がいて、伝えたいことがある

そんなことを考えていたら、今朝こんな記事を見かけました。

(鳥井弘文さん(@hirofumi21)が書かれた記事)

 

inkyodanshi21.com

 

 

それに対してこんなツイートをしました。

 

 

 

 

この記事を読んだときに、はっ!としました。

最近は少しずつ読まれる数も増えてきて、

PV数を気にし過ぎる傾向になっていた自分がいることに気が付きました

 

 

でも、それってきっと本質じゃないんですよね。

届けたい人がいて、伝えたいことがあるから、このブログを始めたはずなんですよね。

ブログの最初の記事にも、そんなことに少し触れていました。

 

 

名曲に共通すること

この記事を読んで1つ思い出したことがあります。

ミリオン曲を何曲もプロデュースしたことのある四角大輔さん(@4dsk)が、いつかのイベントで言っていた言葉です。

 

「長く歌い継がれる名曲は必ず誰か一人のために作られている」

 

 

これを聞いて、なるほどな~となりました。

その作品を届けたい具体的な人を1人思い浮かべて、そのたった1人に届けるために、とことん突き詰め、掘り下げて考える。そうして産み出されたものは、結果として多くの人の心を打つものになるんじゃないでしょうか?

 

このブログも、徐々にそういう方向性に向かっていければ理想じゃないかな~なんてふと思いました。

 

これからどうするか?

そういうことを踏まえた上で、これからどうすればいいのか?

まずは、やはりブログを続けてみることかな~と思います。

やはり、まだまだ見えてきていない部分もあります。

実際に行動しているうちに、先にも述べたような

届けたい人、伝えたいことがよりクリアになってくるんじゃないかな~と思います。

 

 

結局、やることは今後も今とあまり変わらない気がしますが、

先のビジョンが少しはクリアになったので、

このことについて考えた意味は十分ありますね。

 

 

ということで、今後もぼちぼちブログを更新していくので、

たまにでもいいので覗きにきてくださいね^^

 

ではでは~。

(夜の更新が多めだったのですが、朝にブログ書くのも良いですね^^)

 

待ってみる。時間を置いてみる。熟成させてみる。

どうも、nimoです。

 

 最近は気分の波もありつつも、落ち過ぎず上がり過ぎず、ゆるやかな気分の波で過ごすことができているような気がします。

この前書いた記事"落ち込んだときの対処法"のように、

自分の気分の波の取り扱い方が徐々にわかってきた部分が大きい気がします。

 

 

今日は、その"落ち込んだときの対処法"の記事で、

1つ書き忘れたことがあったので、それについて書きたいと思います。

自分のようなうつ病双極性障害だけでなく、

・日々何かしら悩みを抱えている人

・アイデアはあるが行き詰まりを感じている人

などの参考になれば幸いです。

 

待ってみる、時間を置いてみる

 

落ち込んだときの対処法として、以前の記事では

①人に頼る

②非日常の体験

を挙げていました。

他にも人それぞれ対処法があると思います。

 

ですが、実際問題、それでも解決できなかったり、

どうしようもないことって、日々の生活の中でたくさんあると思います。

 

 

いまできる限りの手は尽くしてみても、どうにもならない。

 

 

そんなどうにもならないときは、

・思い切ってその問題を脇に置いておき考えないようにする(寝かせてみる)。

・もう少し我慢して待ってみる。

   ※我慢という表現が適切なのかは、よくわかりませんが^^;

 

時間が解決してくれることもあると思うのです。

 

 

 

まぁ、「あたりまえ」のことですよね(笑)

でも、いざ何かの問題にぶち当たると、そのことばかりぐるぐる考えてしまって、

どんどんネガティブな方向に行ってしまうこともあると思うのです。

 

幾つか例をあげてみます。

 

 

①他人とのトラブル

他の人との間でトラブルがあったとき、

そのことばかり考えて怒ったり落ち込んだり、自分や他人を責めても仕方ないときってありますよね。

そういうときは、あえて時間を少し置いてみれば感情的にならず、冷静に判断できることって割とある気がします。

自分が悪かった場合、なかなか謝りたくても謝れない場合は、

しばらく時間を置いたらすんなり謝れることもある気がします。

(勿論、すぐ謝れるに越したことはないですけどね^^;)

 

 

 

②子どもに対する教育

子どもに対して、「○○をしてはだめ」「きちんと○○をやりなさい」と躾することは、教育では大事なことであるとは思います。

一方で、何でもかんでも言えばいいか?と言えば、そうでもない気もしています。

どうしても、親は子に対してあれこれと色々口出ししたくなるもんですが、あえて言わないでその子の成長を待つという選択もときには必要だと思います。

 

 

ここで挙げた例のように、

問題に真正面から向き合うことが必要なこともあるけれど、

あえて待ってみる、時間を置いてみるという選択肢を取ってみても良いのでは?

と思うんです。

 

 

勿論、待っても仕方ないってこともあるので、

あくまで対処法の選択肢の1つに過ぎない側面もあるとは思うんですけどね^^;

 

 

熟成させてみる

少し、視点を変えてみます。

何かしら良いアイデアを思いつきはしたが、どうも行き詰っているときってありませんか?

そんなときは、あえて頭の片隅にそのことをよけておき、寝かせるというか熟成させることが有用なこともあります。

今までつながらなかったことが、ある日突然つながったりすることが自分はあります。

 

 

このことに関しては、自分が詳細を話すよりも、

本を読んでもらう方が早い気がします(ぶっちゃけ、書くの疲れた←)。

 

 

 思考の整理学(外山滋比古著、ちくま文庫)

f:id:nimolog:20170417212027j:plain

 

 

ということで、今日は、

何かしら問題にぶち当たったとき、時間が解決してくれることもあるのでは?

というお話でした。

 

 

ではでは~^^

(最近は、割と調子も安定していて、調子が良いです。最後に、それ関連のツイートだけおいておこう(笑))

 

 

 

 

日々の新しい試み

考え方

どうも、nimoです。

 

昨日は、朝にヨガで身体を動かした後、長く続けているゲームのイベントにそのゲームで繋がった友人と参加し、前後ではご飯を食べながら色々話したり、桜を見に行ったりと、充実した時間を過ごしました(そのイベントの様子もブログにまとめてもいいかも?(笑))

 

そんな感じで昨日は結構詰め込んだスケジュールで頑張りすぎたので、

今日はゆっくり過ごていました(笑)

野球みたり、ゲームしたりする以外の時間は、ひたすら寝てた^^;

 

そんな完全に休養の1日でしたが、1つだけ新しい試みをしました。

ラジオの魅力について先日ブログを書きましたが、その中で言っていた安住紳一郎さんのラジオ()が今朝やっていたので、radikoのプレミアム会員に入り、初聴取しました。

 

 

この番組を紹介してくれた人が言っていた通り、

安住さんの話はとても面白かったのですが、

昨日の疲れがあったのか、いつも聴いてるラジオよりも安住さんの話がゆったりだったからなのか、1時間くらい経ったところで寝てしまいました(笑)

勿体ないことしましたが、面白かったので次週以降も引き続き聴いてみたいと思います!

 

この話を書こうと思って、ふと1つの本の存在を思い出しました。

 

 仕事は楽しいかね?(デイル・ドーテン著、野津智子訳)

f:id:nimolog:20170416212858j:plain

 

 

この本、小説ちっくな内容で話が進んでいきますが、色々と示唆に富む内容があり、おすすめの本の1つです。

内容を詳しく覚えてるわけではないのですが、この本の中で印象に残っていることを少しだけお話したいと思います。

 

この本を自分なりに要約すると、以下のようになります。

 

人生を充実したものにしたり成功するためには、『明日は今日と違う自分になる。そのために色々試してみる。』ことが大切である。

試すことに失敗はなく、多くのことを得ることができる。 

大きな目標を掲げるよりも『毎日違う自分になることが大切。』である。

そのためには、『1日1つ今までやったことのないことを試してみる。』ことが大事。

 

 

毎日自分がこれをできているわけではないのですが、

日々こうありたいと思い、できるときには新しいことを試すようにしています。

 

 

やったことのないことって難しいように感じますが、

そんなに大したことをしなくても良いんじゃないか?と自分は思っています。

例えば、「いつも帰っているルートとは少し違う道で帰ってみる」とかでも良いと思うんです。そうすれば、こんなところに美味しそうなお店がある!とか新しい発見があったりするかもしれません。

 

失敗しても、そういうことを日々積み重ねていくことが、

充実した人生につながっていくんじゃないかな~なんて思ってます。

 

 

ということで、今日は日々の新しい試みについてでした。

 

 

ではでは~^^

(ブログの習慣、徐々についてきたかもです^^ この調子で続けていきたいところ。)

 

 

 

 

他者からの批判の受け止め方

5分間ブログ 考え方 双極性障害

どうも、nimoです。

 

今日は5分間ブログで薄くサクッと。

 

さっきこんな記事を見かけました。

 

 

 

 

 

ここで触れているような他者からの批判について、最近少し思うところを書いてみます。他者からの批判がどうこうというより、他者からの批判の受け止め方ってところですかね(鬱や双極性障害の人には参考になると思います)。

 

2点に絞って話します。

①批判と自信

②批判の種類

 

 

まず、①批判と自信について。

自分はちょっとした他人からの批判でもいちいち気にしてしまう人でした。

(今でも、割とすぐ凹んでるので、それが大きな課題の1つです。) 

 

それは自分の自信の無さからくるものだったのですが、最近自信も徐々についてきていて、その辺の耐性も少しずつ増えてきた気もしています。

結局、自信が無いと、他人の言動で傷つくというより、

その発言がきっかけで自分で自分を傷つけてるだけってことが多い気がします。

 

つまり、自分に自信を持つことは、批判に対する有効な対抗手段となります。

 

 

 

②批判の種類について

①の自信がついてきたら、次のステップ。

批判といっても、

・ためになる批判であり、自分が積極的に受け入れていったほうがいいもの

・特に考えもなしに相手が発言した、ただの文句(自分が受け入れずに無視すればいい類のもの)

という2つに大別される気がします(他にももっとあるのかもですが)。

 

 

自分は今までこの2つを混同する傾向にあり、後者で意味もなく傷ついていたことが多々あった気もします。

 

 

特にネットというのは、後者のような批判を言いやすい傾向にある気がします。ツイッターを本格的に始めた当初は、そういうものにいちいち過剰に反応して、疲弊していただけな気もします(それは、今から振り返るとある意味良い経験な気がします)。

 

 

前者のような有用な他者からの批判と、後者のような無責任な他人の発言をどう切り分けるか。

これは今後もずっとつきまとう課題だと思います。

うまいやり方を探っていきたいところです。

 

 

ということで、今日は他者からの批判の受け止め方についてでした。

 

 

最近はまりつつある映画について(兼泰延さんの宣伝?笑)

趣味 映画

どうも、昨日の鹿と桜の記事(というか写真)が結構アクセスあって少し嬉しいnimoです(笑)

 

昨日はそんな感じで写真撮りに行って楽しく過ごせ、今日もいい感じで過ごせて、割と充実しているここ数日です^^

 

さて、そんな調子の良い日は、良いものにも巡り会えるもんです。

今日、こんな記事を読みました。

 

 

最近、自分の中で注目しているおじさん(おじさんは失礼かな?素敵なおじさんなら許して貰える?(笑))の田中泰延さんが書いた映画『ラ・ラ・ランド』についての記事です。

 

f:id:nimolog:20170414230347j:plain

(ラ・ラ・ランド』公式サイトより)

 

内容は面白く、読み応えありました^^

ラ・ラ・ランドを観た方は是非読んで見てください。

そして、ラ・ラ・ランド観てない方は、オススメの映画なので観に行ってみてください!(まだやってるよね?^^;)

 

この記事を読んで特に思ったのが、映画って奥が深いってことです。

自分の知らない映画の名前がいっぱい出てきて、それがラ・ラ・ランドでオマージュされていると書いてありました。

映画を深く知ると、こういう楽しみ方もできるのかと。

 

 

自分は最近徐々に映画にはまり観るようになったのですが、

いつかこういう風な鑑賞の仕方もできるといいな~と、映画にわかながらに感じました。

 

 

そんな映画にわかな僕ですが、

最近観たオススメの映画を少しだけ紹介。

去年観た中でのベスト3をとりあえず書いてみます。

(分母がかなり少ないですが^^;)

 

 

去年観た映画ベスト3

 

この世界の片隅に

ズートピア

○殿、利息でござる!

 

アニメが2本入りましたね。

大ヒットした『君の名は。』も観に行き、よかったのですが、それよりはこの2本でしたね(そういえば、シン・ゴジラは行こうと思ったら、終わってました^^;)

 

まず、『この世界の片隅に』について。

f:id:nimolog:20170414230704j:plain

(映画.comより)

 

 

 

ツイッターにこんな感想を残していました。

戦争ものと敬遠しがちかもですが、戦闘シーンメインのものとは違った切り口の映画で、色々考えさせられたのでオススメです。

第二次世界大戦とその渦中での広島への原爆投下を後世に伝える意義ある作品だと思います。

ロングランしてるみたいですし、まだやっているところもあるかも?

 

 

続いて、『ズートピア』

f:id:nimolog:20170414231600j:plain

 (Yahoo!映画より)

 

 

さすがディズニーって感じでした。

コミカルな部分もあるんですが、それ以上に大きな課題に対するメッセージ性がある映画だなと思いました(ネタバレになるので、詳細は実際に見てね(笑))。

 

 

最後は、『殿、利息でござる!』

 

f:id:nimolog:20170414232402p:plain

 (『殿、利息でござる!』公式サイトより)

 

 

 

 多分、昨年観に行った中で一番良かったかな~。

実話をもとにってのが驚きでした。

 

 

以上、最近観たオススメ映画でした(笑)

最近観たのだとモアナかな~。

 

 

ということで、今日は最近はまりつつある映画についてでした。

(途中、泰延さんの宣伝みたいになってたけど(笑))

もっと色々漁って、楽しみ方の幅を広げていきたいですね。

オススメあったら、是非コメントで教えてください!

 

 

ではでは~。

(最後にオススメもう1本(笑)ここ数年だと、マイ・インターンが一番かな!)

鹿と桜

写真 奈良 鹿

どうも、nimoです。

 

以前言っていた遠出での桜撮影に、今日行ってきました。

例年は京都に行くことが多いので、今回は奈良県にしてみました^^

数年ぶりの奈良です(京都は毎年何回も行ってるのにな~(笑))

奈良といえば、鹿!Ψ*•ω•*Ψ

せっかくなので、鹿と桜を一緒に撮れれば!ということで、

奈良公園に行ってきました。

撮影したのは、主に飛火野、後はそこに向かう道中(興福寺の近く)です。

 

昼過ぎから出かけたので、滞在時間は実質2時間弱なのですが、

写真にして400枚程撮りました(笑)

 

選ぶの大変だったのですが、一部だけになりますが良かったら写真みてください^^

あと、ツイッターの方では #ニモ旅 のハッシュタグでツイートしてるので、よかったらそちらものぞいてみてください!

 

 

まずは、

鹿と桜

 

f:id:nimolog:20170413234305j:plain

 

 

f:id:nimolog:20170413234317j:plain

 

 

 

 

f:id:nimolog:20170413234447j:plain

 

 

 

f:id:nimolog:20170413234518j:plain

 

f:id:nimolog:20170413234555j:plain

 

 

f:id:nimolog:20170413234601j:plain

 

f:id:nimolog:20170413234534j:plain

 

 

 

お次は

鹿

(もっといっぱい撮ったのですが、少しだけ(笑))

 

f:id:nimolog:20170413234328j:plain

 

 

f:id:nimolog:20170413234728j:plain

これは鹿おじさんに群れている様子(笑)

 

 

 

f:id:nimolog:20170413234526j:plain

 

 

f:id:nimolog:20170413234524j:plain

 

 

 

最後にの写真を~^^

桜の花びらは、たまたま拾っている方がいたのを撮影させてもらいました(笑)

 

 

f:id:nimolog:20170413234541j:plain

 

 

f:id:nimolog:20170413234545j:plain

 

 

 

f:id:nimolog:20170413235333j:plain

 

f:id:nimolog:20170413235336j:plain

 

 

 

f:id:nimolog:20170413234548j:plain

 

 

 

ということで、今月のやりたかったこと1つ達成~^^

満足です^^

ではでは~。

(写真選ぶの楽しかったけど、疲れた(笑))