読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あたりまえ」の日常

双極性障害Ⅱ型とうまく付き合いつつ、その病気に関連したことや考え方、色々な自分の興味のあることについてつらつらと綴っています。

最近はまりつつある映画について(兼泰延さんの宣伝?笑)

趣味 映画

どうも、昨日の鹿と桜の記事(というか写真)が結構アクセスあって少し嬉しいnimoです(笑)

 

昨日はそんな感じで写真撮りに行って楽しく過ごせ、今日もいい感じで過ごせて、割と充実しているここ数日です^^

 

さて、そんな調子の良い日は、良いものにも巡り会えるもんです。

今日、こんな記事を読みました。

 

 

最近、自分の中で注目しているおじさん(おじさんは失礼かな?素敵なおじさんなら許して貰える?(笑))の田中泰延さんが書いた映画『ラ・ラ・ランド』についての記事です。

 

f:id:nimolog:20170414230347j:plain

(ラ・ラ・ランド』公式サイトより)

 

内容は面白く、読み応えありました^^

ラ・ラ・ランドを観た方は是非読んで見てください。

そして、ラ・ラ・ランド観てない方は、オススメの映画なので観に行ってみてください!(まだやってるよね?^^;)

 

この記事を読んで特に思ったのが、映画って奥が深いってことです。

自分の知らない映画の名前がいっぱい出てきて、それがラ・ラ・ランドでオマージュされていると書いてありました。

映画を深く知ると、こういう楽しみ方もできるのかと。

 

 

自分は最近徐々に映画にはまり観るようになったのですが、

いつかこういう風な鑑賞の仕方もできるといいな~と、映画にわかながらに感じました。

 

 

そんな映画にわかな僕ですが、

最近観たオススメの映画を少しだけ紹介。

去年観た中でのベスト3をとりあえず書いてみます。

(分母がかなり少ないですが^^;)

 

 

去年観た映画ベスト3

 

この世界の片隅に

ズートピア

○殿、利息でござる!

 

アニメが2本入りましたね。

大ヒットした『君の名は。』も観に行き、よかったのですが、それよりはこの2本でしたね(そういえば、シン・ゴジラは行こうと思ったら、終わってました^^;)

 

まず、『この世界の片隅に』について。

f:id:nimolog:20170414230704j:plain

(映画.comより)

 

 

 

ツイッターにこんな感想を残していました。

戦争ものと敬遠しがちかもですが、戦闘シーンメインのものとは違った切り口の映画で、色々考えさせられたのでオススメです。

第二次世界大戦とその渦中での広島への原爆投下を後世に伝える意義ある作品だと思います。

ロングランしてるみたいですし、まだやっているところもあるかも?

 

 

続いて、『ズートピア』

f:id:nimolog:20170414231600j:plain

 (Yahoo!映画より)

 

 

さすがディズニーって感じでした。

コミカルな部分もあるんですが、それ以上に大きな課題に対するメッセージ性がある映画だなと思いました(ネタバレになるので、詳細は実際に見てね(笑))。

 

 

最後は、『殿、利息でござる!』

 

f:id:nimolog:20170414232402p:plain

 (『殿、利息でござる!』公式サイトより)

 

 

 

 多分、昨年観に行った中で一番良かったかな~。

実話をもとにってのが驚きでした。

 

 

以上、最近観たオススメ映画でした(笑)

最近観たのだとモアナかな~。

 

 

ということで、今日は最近はまりつつある映画についてでした。

(途中、泰延さんの宣伝みたいになってたけど(笑))

もっと色々漁って、楽しみ方の幅を広げていきたいですね。

オススメあったら、是非コメントで教えてください!

 

 

ではでは~。

(最後にオススメもう1本(笑)ここ数年だと、マイ・インターンが一番かな!)